地域の方が安心して任せられる誠実な工務店

TOP >  高気密高断熱標準住宅と高性能住宅SWとの比較

高気密高断熱標準住宅と高性能住宅SWとの比較

高断熱高気密のお家は当たり前になってきました。

あさてる建築では高気密高断熱仕様が標準ですが、性能表示をするとなるともっと高度な仕様にしないといけません。

最近のお家は性能表示がされるようになってきました。

この流れはハウスメーカーさんや一部の工務店さんで当たり前になっています。

あさてる建築でも高性能住宅は建てられるようになります。

それがスーパーウォール工法の住宅。

性能に関心のある方はUa値とかトリプルガラスとか、樹脂サッシなんてことはご存じあると思います。

来月始めにはSW工法の実務研修を受けてきますが、最近、高性能住宅の問い合わせが少しづづ増えてきました。

よりよい住宅をご提供できるよう準備は進んでいます。

性能は良いが金額は張る…。

当たり前の事ですが良いものはお値段が高くなります。

現在概算ですが約250~300万円くらいの差額がでます。

もう少しお値打ちにできないか試行錯誤が必要ですが、だた、SW工法の家はメリットが多いのは確かです。