地域の方が安心して任せられる誠実な工務店

TOP >  心豊かにする北欧デンマークの照明から学ぶ

心豊かにする北欧デンマークの照明から学ぶ

今日は照明について。

先日NHKの番組で紹介されていたのでブログに書きます。

照明器具の世界では北欧のデンマークが一番進んでいるそうです。

また、世界で一番豊かな暮らしをしている国でもあります。

北欧の照明は明りが必要なところだけに使います。

北欧の人からしたら日本の現在の照明の明りは明る過ぎるとの事。納得します。

お孫さんや友人のメッセージが描かれたペンダントランプ。素敵ですね。

個性のある照明も後ろのアートとマッチしています。アートを際立たせる為のスポットライトは柔らかい光です。

柔らかいオレンジの明りこれは癒されます。家族の時間も大切にしつつ、自分の時間も大切にする照明。

椅子に腰かけて本を読む時間。大切な時間です。

デンマークを代表する照明デザイナー、ルイスポールセンの作品。

時代か変わっても良いものはよいです。

自分は今後、本格的に照明に力を入れていきます。

今回照明器具にフォーカスしましたが、デンマークでは「花」も貴重なアイテム。

仕事帰りには花を買って帰る日常が普通だそうです。

照明器具ばかりではない心の豊かさ。学ぶべきところは沢山あります。

今回のTVをきっかけに思った事は、無くてもいいけど有ればもっと良くなる、ある意味「無駄」の中にこそ

心の豊かさがあるのかなと思いました。

この「無駄」は言葉を変えると「余裕」になるかもしれません。

前向きな日々の生活の積み重ねが心の豊かさに繋がるかもしれません。