地域の方が安心して任せられる誠実な工務店

TOP >  大胆な解体工事と繊細な解体工事

大胆な解体工事と繊細な解体工事

羽島市K様邸の解体工事は完了しました。

2日かけて大胆な解体工事完了。

コンセントの位置やテレビの位置などを最終確認。

図面ではわかりずらいことが多々あり現場での確認が重要になります。

費用をかけたくない場合、多少壁などを残すことを考えますが、コンセント1個を新しく付ける場合

壁を取らなくてはいけません。

壁を取らずにコンセントを付ける場合は配線が露出することになり、見た目が悪くなります。

上の写真はコンセント2個、TVの置く場所の変更で壁を4か所取ることになりました。

ただ中途半端に取るのは逆にコストUPにつながり、仕上がりも微妙になります。

そのために壁を全部撤去しました。そして断熱材も。

築40年くらいの建物で、ほぼ断熱効果無しでした。部分的に断熱材が入って無いところもありました。( ;∀;)

お施主様が寒いと言われていたのも納得です。

当時の断熱は厚み50で密度もありません。

そう考えると思い切って断熱材も交換したほうが、これからの住環境は良くなります。

ほとんど1階はスケルトンに。

断熱材も今の基準のものを入れる為、仕上がった後効果を実感できると思います。

この後は配線工事と配管工事に入ります。