地域の方が安心して任せられる誠実な工務店

TOP >  10年前の「絵図板」初心忘るべからず

10年前の「絵図板」初心忘るべからず

常にセンスUPを心掛ける、あさてる建築の浅野覚です。

今日は「初心を忘れない」です。

午前中、次の仕事の準備の為、工場を片付けていたら「絵図板」が出てきました。

↑ この絵図板(図面)と、「指金」と、定規になる「けん竿」だけで家が建ちます。

この絵図板は僕が初めて「墨付け」をした時のものです。約10年前のもの。

一生懸命作ったことを思い出しました。

この技術を伝承することは、今の時代難しい事ですが

絵図板を見ると過去の事が以外と鮮明に思い出します。

この板に書かれていることだけで、建物の躯体を立体的にイメージします。

大工は皆この絵図板だけで共通した認識ができます。

パソコンで作った図面よりはるかに頭に入ります。

アナログ作業は尊いものだなぁとあらためて思いました。

そして、道具の手入れ。

↑ 丸ノコの刃も変えて準備はOKです。

↓ 鑿(のみ)も研ぎます。刃がかけていたので仕上げるのに時間がかかりました。

↓ うちの代表が担当しているT様邸の新築工事の現場。

配筋検査も済み、月曜日にはベースコンクリートの打設です。

初心忘るべからずで、仕事に取り組みます。