地域の方が安心して任せられる誠実な工務店

TOP >  西日本豪雨災害について

西日本豪雨災害について

九州や西日本を中心に襲った豪雨、本当に凄い被害が出て心苦しいです。

時間がたつにつれ、被害の大きさが鮮明になってきました。

羽島市は大きな被害はありませんでしたが、初めて見る川の増水に恐怖を感じました。

上の写真は普段サッカーグランドとして使っているところ。一面川になっています。

羽島市は川に囲まれた土地。

歴史をたどると、オランダ人の土木技師、ヨハネス・デ・レーケが氾濫を繰り返す河川を治める為に

薩摩藩と協力して堤防を建設してくれました。

その苦労のおかげで私達はこの羽島に住めているんです。

工事に携わった多くの作業員の方が命を落としていると聞いています。

「苦労」と一言では言えないですね。

安心して暮らせているのは先人の苦労や犠牲のおかげだと、心から感謝します。

そして多くの被災された方が普通の生活に戻れるよう、心から祈念致します。